振袖をレンタルする人の理由

洋服が主流となっている現代ではありますが、日本人は正装として今でも着物を着ることがあります。特に、式典の場では着物を着る機会も多く、女性の場合には華やかな振袖を着ることがあります。
一般的に振袖は、未婚女性の正装として用いられており、成人式や卒業式、結婚式などで着られることがあります。そんな振袖ですが、価格は数万円から数十万円、高いものに至っては百万円を超すものまであり、価格に大きな差があります。一昔前までは、成人式の際に購入するのが一般的ではありましたが、今では購入をせずにレンタルで済ませる人が増えています。
その理由として挙げられるのが、購入をしても着る機会が限られているという点です。そのためせっかく購入をしても、使う機会が無いことから無駄になってしまうこともあります。また、振袖の保管や手入れにもお金が掛かりますし、使用しない間も閉まっておくためには収納する場所も必要になります。
昔は、結婚式などの御呼ばれには振袖を着ることが多くありましたが、今では着付けの要らない洋装をする人がほとんどになりました。そのため、せっかく振袖を購入しても着る機会がなかったり、自分で着ることができないため購入をせずに必要な時にその都度レンタルをする人が増えているのです。