振袖をレンタルする際の平均的な価格相場について

成人式や結婚式などで振袖を着る機会はありますが、購入するには費用が心配な方がいると思います。
あるいは、購入したとしても手入れや保管方法など素人には難しそうな気もします。なかなか手を出しづらいとお考えの方もいる事でしょう。

そんな方には振袖レンタルがお勧めです。話題の振袖レンタル神戸店でサービスを利用すれば、振袖にも気軽に手を出す事ができます。しかし、もともとがお高いイメージの振袖、レンタルだとしてもやはりお値段が気になるのが正直な所でしょう。

着物の世界では安い物から高い物まで、お値段の幅は広くピンキリです。あまりに安くても見た目の問題があるでしょうし、かといって満足する物を求め続けていくと値段がどんどんと跳ね上がっていきます。
一般的な相場はだいたい20万円前後となっています。ひと昔と比べると、新作でも価格が下がってきている傾向にあるので、以前よりかはお財布にもやさしくなってきているのではないでしょうか。

振袖をレンタルする場合、小物やヘヤメイク、着付けなどの料金が別途必要になるケースがあるので、それらを取り入れるとその分値段も上がるという事を頭に入れておく必要があります。

まずは平均的なレンタル価格の予算を用意することから始めるとよいでしょう。

振袖をレンタルする為に必要な事とは?

成人的などで振袖をレンタルしたい場合、申し込みに際してあらかじめ特別に準備しておくことはありません。ただし、当日レンタルしてお店で着付けやヘアメイクまで行ってもらう場合は、その店舗から会場までかかる時間を考えておいた方が良いでしょう。式典や結婚式などに参加する場合は、特に時間が気になりますので、近い店舗の方が安心です。また、成人時に出席する場合は、その地域で同じ日に大勢の女性が振袖を着ることになりますので、できるだけ早い時期に予約を入れておくことをおすすめします。振袖の新作は、たいてい1~3月あたりに発表されるといわれています。ですので、前の年の成人式が終わったら、そろそろ予約を始めたいところです。予約は先着順ですので、たとえ気に入った着物があったも、すでに予約が入っていれば、その着物を着ることはできません。「1年も前から予約をするの?」と思われるかもしれませんが、ほかのイベントなどでも、1年前からの予約ということは結構当たり前にありますし、一生に一度の成人式ですので、気に入った振袖で出席したいと思ったら、やはり早め早めに動いて行くことをおすすめします。また、同じように、着付けやヘアメイクの予約も早い順にどんどん埋まっていきますので、早くに予約をとっておきましょう。

人気がある振袖のレンタルについて

一生に一度の成人式に着る振袖は、できれば自分専用を購入したいものです。
しかし、気に入った振袖を購入しようとすると、数十万は必要なので高額です。
それだけ高額なお金を払って購入しても、成人式が終われば着る機会は限られています。
かといって妥協して安い振袖を購入すると、デザインが気に入らなかったりします。
また、振袖は非常に繊細な着物ですから、購入後は定期的なメンテナンスが欠かせません。
これらのデメリットを考えると、便利なのが振袖のレンタルです。
購入ではなくレンタルにすれば、安い料金で成人式に着ることができます。
しかも、料金が安くてもお気に入りのデザインを選べるので、納得した振袖を着て成人式に参加することが可能です。
たとえ成人式が終わった後に着る機会があっても、そのときはまたレンタルすることができます。
振袖と言えどもデザインには流行があり、成人式のときには流行のデザインでも、数年後には時代遅れになっていることは多々あります。
レンタルなら、その時代の流行に合わせたデザインを選ぶことができるので、結婚式などで着るときも流行のデザインを選ぶことができるでしょう。
レンタルには様々なメリットがあるので、現在では人気のある方法です。

振袖をレンタルする人の理由

洋服が主流となっている現代ではありますが、日本人は正装として今でも着物を着ることがあります。特に、式典の場では着物を着る機会も多く、女性の場合には華やかな振袖を着ることがあります。
一般的に振袖は、未婚女性の正装として用いられており、成人式や卒業式、結婚式などで着られることがあります。そんな振袖ですが、価格は数万円から数十万円、高いものに至っては百万円を超すものまであり、価格に大きな差があります。一昔前までは、成人式の際に購入するのが一般的ではありましたが、今では購入をせずにレンタルで済ませる人が増えています。
その理由として挙げられるのが、購入をしても着る機会が限られているという点です。そのためせっかく購入をしても、使う機会が無いことから無駄になってしまうこともあります。また、振袖の保管や手入れにもお金が掛かりますし、使用しない間も閉まっておくためには収納する場所も必要になります。
昔は、結婚式などの御呼ばれには振袖を着ることが多くありましたが、今では着付けの要らない洋装をする人がほとんどになりました。そのため、せっかく振袖を購入しても着る機会がなかったり、自分で着ることができないため購入をせずに必要な時にその都度レンタルをする人が増えているのです。

振袖をレンタルする方法

年に一回着るかどうか、もしくは一生のうちに何度着るかわからない振袖は、購入するよりもレンタルするほうが利用度が高いです。めったに着なくて、着た後のクリーニング代などを考えると、レンタルで全部済ませるほうが、毎度違う柄を楽しめますしお手入れも楽なのがメリットです。
振袖は全部そろえると数十万円はしますよね。柄、素材などで値段は変わりますが、さらに自宅で保管してる間に生地が傷んでしまうことも。虫がつかずに色褪せずにということで桐たんすなどに保管することになりますので何かと面倒。となると、着たいときだけレンタルするほうがはるかにお手軽です。そして、毎度撮影する集合写真にはいつも違う着物で参加できますので、「いつも同じのを着てる」と思われないのもうれしいポイントです。
レンタルは着物専門店や美容院直結店などでできます。シーズンによって予約が混みますので、早めに商品を見に行って予約しましょう。美容院と系列を組んでる専門店は着付けとヘアメイクも格安プランでやってますし、ヘアアクセサリーのレンタルも安くできることがあります。
振袖はとくに着る期間が短いですし、明るい柄が人気があります。入学式や卒業式のシーズンは商品が無くなるくらいにレンタルが殺到しますので、半年前から予約できるお店を探すといった動きが見られます。